ヤンゴン全域のロックダウンによる生産遅延について

posted in: Myanmar, News | 0

 新型コロナウイルスが世界的に感染拡大するなか、その制圧に成功していたミャンマーですが、8月後半以降西部のラカイン州から感染者が徐々に増え始め、現在では最大の都市ヤンゴンにまで拡大しています。
 このためミャンマー政府は9月21日午前8時からココ島を除くヤンゴン管区全域で14日間のロックダウンを実施。幸い私たちのファクトリーに感染者は出ておりませんが、銀行、ガソリンスタンド、食料品・飲用水・日用品販売、薬局以外のすべての事業を休業し、自宅待機しなければならないため操業を停止しています。ラタン製品の生産スケジュールは最低でも2週間遅れる見通しです。また感染状況によってはロックダウン期間が延長される可能性もあります。
 ラタンスタイルの商品をお待ちいただいているお客様には大変申し訳ございませんが、上記のような現地の状況をご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
Ministry of Health and Sports Issues “Stay at Home” Order in Yangon Region excluding Coco Island – News – EuroCham Myanmar 

※ヤンゴン管区全域でのロックダウンは10月21日まで延長されました(10/5追記)。
Announcement on Stay-at-Home Programme on All Township Except for Cocogyun Township – News – EuroCham Myanmar